Winds!芸艸堂 店長ブログ

京都の芸艸堂(うんそうどう)、熟練の手技と美の凝縮「手摺木版画の世界」をご案内
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

展覧会のお知らせ

ここ数カ月体調が優れませんでしたが、ようやく回復してまいりました!

最近はかなり涼しくなってきましたね^^

こうやってどんどん冬に向かっていくんですね。

ああ、きっとあっという間に今年も終わりますねえ。。

 

さて、本日は現在開催中の展覧会を一挙ご紹介!

どの展覧会も、芸艸堂の商品がミュージアムショップに並んでおりますのでぜひお見逃しなく★

 

*********************************************

 

生誕300年を祝う
若冲と蕪村−江戸時代の画家たち− 
岡田美術館(神奈川県)

9月5日(月)−12月18日(日) 

 

 

伊藤若冲「孔雀鳳凰図」公開 83年ぶりの再発見!
この蘇った幻の名作を中心に、収蔵される伊藤若冲の作品全件を一堂に展示されます。
今年、若冲とともに生誕300年を迎える与謝蕪村や、円山応挙・長沢蘆雪・曾我蕭白・池大雅ら若冲と同時代に活躍した画家たちの作品と併せた約40件も展示されます。HPより

 

*********************************************

 

大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで
あべのハルカス美術館(大阪府)

9月10日(土)〜11月6日(日)

 

 

古くから日本で愛されてきた妖怪、すなわち牋朿Δ悗琉擇譴侶銑瓩良集修療験を、縄文時代の土偶から、平安・鎌倉時代の地獄絵、中世の絵巻、江戸時代の浮世絵、そして現代の「妖怪ウォッチ」まで、国宝・重要文化財を含む一級の美術品で紹介されます。
民俗学にかたよりがちだった従来の妖怪展とは一線を画す美術史学からみた猴轍展の決定版瓩任后HPより

 

妖怪ウォッチといえば、今年4歳になる娘にようやく妖怪ウォッチ大ブームが到来しています(笑)

お子様も楽しめるので、ぜひご家族で足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

*********************************************

 

琳派の真打登場
鈴木其一 江戸琳派の旗手 
サントリー美術館(東京都)

2016年9月10日(土)〜10月30日(日) 

 

 

鈴木其一(すずききいつ・1796〜1858)は江戸時代後期に、江戸琳派の優美な画風を基盤にしながら、斬新で独創的な作品を描いた画家として近年大きな注目を集めています。その其一の画業の全容を捉え、豊穣な魅力を伝える初の大回顧展が開催されます。HPより

 

*********************************************

 

ボストン美術館所蔵
俺たちの国芳 私たちの国貞 
名古屋ボストン美術館(愛知県)

9月10日(土)−12月11日(日)

 

 

初代歌川豊国の門下でしのぎを削り、江戸後期から幕末にかけて浮世絵界を牽引した国芳と国貞。江戸ッ子気質で職人肌な国芳に対し柔和温順な国貞と正反対の性格であった2人は、よきライバルとして刺激し合いながらそれぞれ個性的な表現を確立していきました。

ボストン美術館所蔵の14,000枚を超える国芳、国貞の浮世絵から、厳選した170件が紹介されます。1876年のボストン美術館開館以来初の大規模な国芳・国貞展となります。HPより

 

*********************************************

 

平木コレクション 生誕220年
歌川広重の世界 東海道五十三次と江戸の四季 
長野県信濃美術館(長野県)

2016年9月16日 (金) − 2016年10月16日 (日)

 

 

生誕220年にあたる今年、広重の風景を「東海道五十三次」、「名所江戸百景」からご覧いただけます。特別出品として、「六十余州名所図会」から、信濃など10図が厳選して紹介されます。HPより

 

*********************************************

 

生誕300年
若冲の京都 KYOTOの若冲 
京都市美術館(京都府)

2016年10月4日(火)〜12月4日(日) 

 

 

京都の画家たちには、江戸ではあまり見られなかった“自由性”があり、狩野派、琳派などに代表される個性的な作品を描く画家が多かったのです。とりわけ若冲は流派にとどまることなく、中国画を参考にし、写実的で装飾的な花鳥画や、斬新なタッチの水墨画などでその才能を発揮し、異色の作品を数多く残しています。18世紀の京都だからこそ生まれたことを再確認する展覧会です。HPより

 

*********************************************

 

京都 高山寺と明恵上人
鳥獣戯画 
九州国立博物館
(福岡県)

2016年10月4日(火)−11月20日(日) 

 

 

*********************************************

 

芸術の秋。

本当にたくさんの展覧会が開催されています!

おでかけにぴったりのこの季節、お近くの展覧会へぜひ足を運んでみてくださいね^^

展覧会のお知らせ | permalink | comments(0) | - |

7月の展覧会のお知らせ

おはようございます!

ここのところ夜寝るときも暑くて寝苦しい日が続いています。

今日も朝から暑いですね。

今日、娘は楽しみにしているプール日なので、嬉しそうに保育園へでかけていきました^^

 

夏といえば怪談!妖怪!

ぞーっとするような怖い話は一瞬でも暑い夏を忘れさせてくれます。

特に好きというわけではないのに、夏になると聞きたくなるんですよね、怖い話って。

 

そして本日から東京にて大妖怪展がはじまっております!

こちらでは芸艸堂豆本シリーズがミュージアムショップに並びます^^

 

 

大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで

7月05日(火)〜08月28日(日)
江戸東京博物館 

 

古くから日本で愛されてきた妖怪、すなわち牋朿Δ悗琉擇譴侶銑瓩良集修療験を、
縄文時代の土偶から、平安・鎌倉時代の地獄絵、中世の絵巻、江戸時代の浮世絵、
そして現代の「妖怪ウォッチ」まで、国宝・重要文化財を含む一級の美術品で紹介されます。
民俗学にかたよりがちだった従来の妖怪展とは一線を画す美術史学からみた
猴轍展の決定版瓩任后HPより

 

 

そして続いてはこちら!今年は若冲生誕300年!

5月までは東京にて若冲展が開催されておりましたが、今度は京都の細見美術館にてこちらの展覧会です!

 

 

生誕300年記念
伊藤若冲−京に生きた画家−展

前期:6月25日(土)−7月31日(日)

後期:8月2日(火)−9月4日(日)
細見美術館  

 

独創的な表現で人々を魅了する画家・伊藤若冲(1716〜1800)。生誕300年を記念した本展では、当館の若冲コレクションを一堂に展示するほか、京都にある若冲ゆかりの寺院が所蔵する作品、弟子の作品や文献資料を併せて紹介します。「京」に生まれ、生きた若冲の世界をお愉しみください。 HPより

 

 

 

そして最後はこちら。

 

 

「若冲版画の世界 ―京都・芸艸堂コレクションから―」
京都岡崎蔦屋書店 

7月01日(金) ー9月30日(金)

1F 蔦屋書店 ギャラリースペース

 

こちらでは芸艸堂の版木から手摺りされた、多色摺りと拓本摺りによる、若冲作品を展示いただいているとのこと。

およそ3カ月という長い期間での展示。

蔦屋書店はおしゃれで若者にも人気のスポット!ということでぜひ多くの若い方にも見ていただけたら嬉しいなと思います*

難しいことはわからなくたっていい。あ、なんかいいなって思ってもらえるだけでもいいなーなんて。

 

 

夏の暑い季節、素晴らしい作品を見ながらちょっと涼むなんてのはいかがでしょうか^^

展覧会のお知らせ | permalink | comments(0) | - |

生誕300年記念 若冲展

こんにちは!またもご無沙汰な更新となってしまいました!
我が家では、娘が新しく通いはじめた保育園に慣れてきました^^
親としても、4月ははじめてのことだらけでなんだかバタバタ。
初めてのお弁当日なんかもあって、ちょっとドキドキ。
ちゃーんとぜーんぶ綺麗に食べてきてくれて、なんだか嬉しかったです。

さて、ここ最近テレビでもよく見かける若冲の特集番組!
先日24日には、NHKスペシャル「若冲 天才絵師の謎にせまる」が放送されました。
みなきゃ!!と思ってテレビをつけたら、ちょうど終わってしまって見逃してしまった私。。。
皆様の中にも見逃した方、ご存知なかった方いらっしゃいませんか?
再放送がNHK総合テレビにて、5月4日(水)8:15〜9:04の放送されます!!
これこそは見逃さないようにしたいです!!

我が家ではテレビの録画ができないので、念のため実家に頼もうかな...(笑)

そしてその若冲の展覧会が現在東京にて開催されております!



生誕300年記念
若冲展 The 300th Anniversary of his Birth: Jakuchu

東京都美術館
4月22日(金) 〜 5月24日(火)

若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅(宮内庁三の丸尚蔵館)が東京で一堂に会すのは初めてです。近年、多くの人々に愛され、日本美術の中でもきら星のごとく輝きを増す若冲の生涯と画業に迫ります。 HPより


注目の若冲の作品をじっくりと見ることのできるこの機会、ぜひお見逃しなく^^
 
展覧会のお知らせ | permalink | comments(0) | - |

展覧会のご案内

おはようございます。
本日の大阪は曇り空。
でも気温は暖かく、春だな〜と感じる日になりそうです。
春の足音が大きくなってきましたね!桜の季節ももうあと少し〜と思うと心が少し軽やかになります^^

さて本日は展覧会のご案内です!
本日ご案内する展覧会のミュージアムショップにて芸艸堂の商品が並びます^^




マルモッタン・モネ美術館所蔵
モネ展 光の画家、春の京都に。
3月1日(火)〜5月8日(日)
京都市美術館 

モネの生涯を辿る奇跡のコレクションが約90点紹介されます。
会期中に展示替があるそうで、下記の2つの代表作が前期後期で見られますので2度行くのもいいですね!

展示期間(前期) 印象、日の出:2016年3月1日(火)〜3月21日(月・休)
展示期間(後期) テュイルリー公園:2016年3月22日(火)〜5月8日(日)



春季特別展ー信仰と祭りのエネルギー
KAZARI かざり
3月1日(火)〜5月15日(日)
MIHO MUSEUM 

本展覧会では、煌びやかな仏教荘厳の世界、伎楽や舞楽の色彩と歌舞の世界、信仰の中の動物たち、祭りの賑わいなどを展観しながら、「かざり」をキーワードに日本人の精神世界をひも解いていきます。HPより

伊藤若冲の「鳥獣花木図屏風」は3/1〜4/17まで、「樹花鳥獣図屏風」は3/1〜3/13までの期間限定の展示となりますのでお見逃しなく!





生誕180年記念
富岡鉄斎 近代への架け橋
3月12日(土) 〜5月8日(日)
兵庫県立美術館

展覧会では、富岡鉄斎の画業を約200点の作品、資料で紹介し、絵画制作に貫かれてた鉄斎の世界観を探ります。HPより


暖かくなると外に出る機会も多くなるかと思います^^
ぜひ一度展覧会へ足を運んでみてはいかがでしょうか。
展覧会のお知らせ | permalink | comments(0) | - |

展覧会「生誕220年 歌川広重の旅」

昨日出かけようと思ったら車のバッテリーが上がってしまっており、あたふたしながら電話で兄に助けを求め、なんとかなってホッとした城島です。。
車に関して全く無知な私なんかとは違い、車に詳しく、いつも何か不具合があるとすぐに見て直してくれていた頼りがいのある兄。
大阪に来てからはそんな人が近くにおらず、、そんな中あがってしまったバッテリー。。
変に見てもらってぼったくられるのもいやだし...と思うとやはりたどり着くのは兄でした。感謝。

さて本日は2月19日から京都駅の美術館「えき」KYOTOで開催される展覧会のご案内です!



生誕220年 歌川広重の旅
美術館「えき」KYOTO 2月19日(金) 〜3月27日(日) 

平木浮世絵コレクションより、貴重な保永堂版「東海道五十三次」初摺の作品を一堂に展覧
されます。広重の描く東海道の世界をご堪能ください。HPより

特設売店に芸艸堂の浮世絵関連品が並びます。こちらも楽しみにご覧いただけると嬉しいです^^
今週末京都駅へ行くかもしれないのに、、あと展示が2週間早かったらな、、と都合のいいことを考えている城島でした。
展覧会のお知らせ | permalink | comments(0) | - |

芸艸堂の商品が買えます!