Winds!芸艸堂 店長ブログ

京都の芸艸堂(うんそうどう)、熟練の手技と美の凝縮「手摺木版画の世界」をご案内
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

お盆が終わると秋の風

おはようございます。
更新がご無沙汰になってしまいました。
今年の夏はいつになく猛暑日が続いて毎日毎日しんどかったですね。
今年もお盆が終わりましたが、皆様はどのように過ごされましたか。

私の住む岐阜県の郡上八幡はのお盆は、観光客がピークになるとき。
ご存知の方も多いかと思いますが、郡上八幡の夏と言えば「郡上踊り」
そしてお盆は朝まで踊り明かす「徹夜踊り」があるからです。


出典: travel.rakuten.co.jp

13日から16日の間、踊りの時間が近づくにつれて春から秋の間(冬はスノボ、スキー客で渋滞する)渋滞することのほとんどない156号線や高速道路が渋滞をし、ただでさえ狭い町中は人で溢れかえります。
正直地元の人間としてはたまったもんじゃないです...(笑)

8時から始まる徹夜踊り。はじめは10種類ある踊りのうち、簡単な3〜4種類ほどの踊りが続きます。
そして10時か11時くらいになると残りの少し難しい踊りも増え、ここからが楽しい時間。
徹夜踊りは日にちが変わるくらいからが楽しいと個人的に思います。
とにかくたくさんの人たちが二重三重の踊りの輪を作り、その輪はどんどん広がっていく。
人々のエネルギーが輪の中に集まって、一体感が生まれます。
郡上踊りが好きな人たちって、その一体感が病みつきになるんじゃないかな〜と思ったり。。


出典: www.quonb.jp

行くとわかりますが、踊っている人たちほんと楽しそうなんですよ。あ、自分も含めて。
なぜか徹夜踊りの時って雨が降りやすいんですが、雨が降ろうがお構いなしで踊っています。
ザーザーぶりになろうが、どうせ汗かくし一緒だし、むしろテンションあがる!ぐらいの感じで。
子供でも、大人顔負けの踊りをする子もよくいますし、よぼよぼな近所のおじいちゃんもたまにいます。
みんな踊りが好きなんだな〜って、なんかこっちまでうれしくなってしまいます。
最近は地元以外の若い人たちでも郡上踊りが好きになってくれる人が続出で、毎年徹夜踊りに来てくれる人たちが増えたり、それもまた嬉しいですね。

あ、特に徹夜踊りですが、いらっしゃった際、ゴミはちゃんとゴミ箱に入れるか持ち帰りましょうね。
毎年思いますが、踊り会場の傍にゴミが散乱してるのが気になりますし、踊りを楽しんでいる方の迷惑だなと感じます。
こんなことするのは若い人たちが大半なんでしょうが...
踊り会場にゴミを捨てる場所がもう少し多くてもいいかなとも思いますが、ポイ捨てはいかん!
捨てるときに分別もしっかりしましょう。

なんでこんなこと言うかって、、、昨日私は踊り会場の傍のカフェにて昨日一日お手伝いしてきたんですが、ゴミが分別されていないお陰で誰が飲んだかも知らない缶やペットボトル、その他もろもろをぐっちゃぐちゃのゴミ袋を素手であさって分別してたんです。
郡上市、結構ゴミの分別厳しいんですよ!!
ちゃんと分別してくれてたらこんなことしなくていいのに...と。
それに翌朝子供たちやボランティアの人たちが、一生懸命そのポイ捨てされたゴミを拾ってくれています。
その日に来る観光客の人たちや、地元の人たちのために。
自分もちゃんと戒めようと思いました。


古い町並みの中で踊る郡上踊りは、踊って楽しく、雰囲気も楽しめて素敵な踊りです。
今年の徹夜踊りは終わりましたが、9月5日の踊り納めまであと9夜!
もし機会がございましたら、ぜひ一度郡上踊りの独特の雰囲気を楽しみにいらしてください^^
そして来年の徹夜踊りはぜひ☆

郡上踊りの日程はこちらでご確認いただけます。
http://www.gujokankou.com/about/about02/about02_02
 
プライベート日記 | permalink | comments(0) | - |

やっぱり好きなイギリス。

行楽日和が続きますね!
気温が高い日が続くので、熱中症にならないように気をつけつつ、お出かけなど楽しみたいところです!

もう夏はすぐそこ。むしろも夏みたいですが...
お子さんや学生の方は待ちに待った夏休みですねー!
また、これからの季節は旅行に行きたくなる時期です^^
お子さんがいらっしゃる方は、夏休みの旅行なんかを計画されていたりされるのでしょうか?

雲海

飛行機に乗って、雲海を横目に...

やっぱり個人的におすすめなのは、、、大好きなイギリスです。

イギリス 衛兵

なんとも可愛らしい衛兵。バッキンガム宮殿にて。

今の時期から夏の終わりにかけて、お花もきれいなんですよ!

イギリス花

イギリス花

特に下の写真なんかは、色合いが可愛いですよね。
こちらはバッキンガム宮殿のそばのセントジェームズパークのお花たち。
小さいお花が本当にきれいで可愛くて。
日本ではなかなかこういったいろんな色が混ざったのって見られないですよね。

もちろんロンドンは芸術鑑賞にもってこいですし、ショッピングもできて最高なんですが、もう一つおすすめしたいのが郊外。
オプショナルツアーなんかで行けるコッツウォルズ。
可愛らしい村々がとっても魅力的なんです。

イギリス風景

大都会のロンドンを少し離れると、こんなのどかな風景。
北海道みたい!
川にはナローボートがあったり、牧場に放牧されている牛や馬や羊を見ることもできます。

イギリス花

この今のベストシーズンはとにかくどこへ行ってもお花がきれい!
こんな可愛らしい壁+お花。
ぜひ真似したいけど、なかなかできそうにはない...

イギリス花

こんなところで軽いランチなんて贅沢ですよね。
おにぎりやサンドウィッチを持って、もしくは近くのお店でテイクアウェイして。
イギリスは夏でも【暑い】と感じる日が少なく、梅雨もないですしとっても過ごしやすいんです。
毎日ピクニックしたいくらいです^^

イギリス路地

コッツウォルズはこれらの写真のように、はちみつ色のレンガの建物が多くて、まるでおとぎ話の中に飛び込んだよう。
こんな小道に入ってお店を見つけてみるのも楽しいですよ。

もしイギリス旅行を考えている方がいらっしゃれば、、ぜひコッツウォルズおすすめしてください☆
あ、ちょっと離れますが湖水地方もよかったですよ!
プライベート日記 | permalink | comments(0) | - |

今日も引き続き...雪。

今日は全国的に大荒れの日本。

太平洋側はまだしも、北海道や日本海側は雪が...

北海道、猛吹雪だそうで心配です。

城島の住む岐阜県の郡上八幡。

郡上市って結構広くて、大抵雪の日は郡上市の北がいっぱい雪が降り、南はそこまでだったりするんですが、今日は違いました。。



朝方のまだ暗いうちに除雪車の音が聞こえるなーとは思っていましたが、

朝起きて外を見てびっくり。

50センチほど積もってる?!



はー、朝から雪かきか...とげんなりです。



雪があまりに多すぎる。。

こんなに雪がたくさん降るのは久しぶりな気がします。

といっても7〜8年ほど郡上にいなかった時期があるので、その間はどうかわかりませんが。



ここまで雪がたくさんふると、

小さいころに兄妹でカマクラを作ったことを思い出します。



そんな私は

”よし、娘のためにカマクラを作ろう!!”

と思い立ち、カマクラを作りました(笑)



いやー、作るのって結構大変!!

午前中いっぱいかかりました。。。(笑)

明日絶対筋肉痛です!







停電や交通機関などにも影響がでることも予想されますので、

皆様くれぐれもお気を付けください。
プライベート日記 | permalink | comments(0) | - |

パリでも芸術の秋を楽しんで!Vol.3

今回は芸術の秋in Paris最後の投稿です!



パリに来たら、ちょっと足をのばしていってみたいのが「ヴェルサイユ宮殿」

ベルばらが大好きな人なんかは絶対行きたい場所ですよね^^



ヴェルサイユ宮殿



オプショナルツアーで行くのも楽でいいですし、

旅慣れている方はぜひ個人で行くのもいいですよ^^

個人の方が安いですしね...!(笑)



私は1度目は友人と電車で行きました。

その時はEsplanade de la defense駅という1番線の左端の方にある駅の近くにあるホテルに宿泊。

Esplanade de la defense駅を出ると新凱旋門が見え、パリの街中とはちょっとまた雰囲気が違いました。



esplanade de la defense



ここからメトロ1番線にのってCharles de Gaulle Etoile駅(凱旋門はここ!)で6番線乗り換え、Bir-Hakeim駅で下車。このBir-Hakeim駅はRER(高速郊外鉄道)のChamp de Mars Tour Eiffel駅(エッフェル塔はここ!)に繋がっているので、こちらに乗り換えてVersailles - Château - Rive-Gauche駅で下車。

ここから歩いて600mほどでヴェルサイユ宮殿に到着します。

このRER、2階建ての列車でちょっと近鉄っぽい。(中部、関西以外の人はわからないかな?)

近鉄の2階建て列車を田舎風にした感じです(笑)

列車の窓から見る景色はパリを離れるにつれのどかになります。

そんなフランスの景色を見ながら、イヤホンで音楽を聴きながらゴトンゴトン。

オプショナルツアーでいくより時間はかかりますが、とっても贅沢な時間です。



2度目は母とオプショナルツアーで行きました。

時間が足りず、庭まで見ることができませんでしたが、その後にパリのマルシェに連れて行ってもらえてとってもよかったです!

日本とは全然違う市場の雰囲気でした。



ヴェルサイユ宮殿はたくさんの絵画が飾られており、どの部屋も本当に豪華。

庭も広大で、ゆーっくりのんびり過ごすのにもってこい。

1日がかりでないととても堪能できません!



個人で行くのは無理だし、オプショナルツアーで行くと逆にパリの街がなかなか堪能できそうにないわ。。という方!!

諦めないでください!

パリにもヴェルサイユ宮殿並のおすすめスポットがあります!

個人的にパリへ行ったら是非行ってほしいのが「オペラガルニエ(オペラ座)」です。



オペラガルニエ



パリ国立オペラの公演会場の一つのこのオペラガルニエ。

立地もルーヴル美術館から散歩しながら行くのにちょうどいい距離。

周りにはレペットのお店もありますし、オペルガルニエの裏にはフランスの百貨店「ギャラリーラファイエット」もありお買い物にも困らない!

ギャラリーラファイエットの円形天井はぜひ見ていただきたい。

美しすぎます。こんなに美しい百貨店、日本では見ることができません。



そんな好立地にあるオペラガルニエ。

ヴェルサイユ宮殿へ一緒に行った香港の友達が「ヴェルサイユ宮殿よりこっちの方が素敵!」と言っていました。私も同感です。



オペラガルニエ



階段の彫刻、シャンデリアや他の物もすべてが一つの作品として仕上がっている感じがしました。

そしてここにはこちらのシャガールの描いた天井画を見ることもできます。



オペラガルニエ



今はどうかわかりませんが、意外と人が少ないのもポイントです^^

ミュージアムショップ(?)にも、素敵なポストカードがたくさんあってワクワクしてしまう観光スポットでした。



こんなところでオペラ鑑賞、、、贅沢すぎますね〜いつかできるといいなあ。。





ということで今回は3度にわたり芸術の都パリの芸術スポットをご紹介してきました。

近々パリへ行かれる方、参考になるのかならないのかは不明ですが、記憶の片隅にでも残しておいていただけると嬉しいです^^



そして忘れてはならない、グラン・パレで開催中の「北斎展」もお忘れなくー!
プライベート日記 | permalink | comments(0) | - |

パリでも芸術の秋を楽しんで!Vol.2

さて、前回に引き続き芸術の秋を楽しむならin Parisをご紹介です!



モンマルトル メリーゴーランド



こちらのメリーゴーランドを見て「は!」と思うかたもいらっしゃるのでは?

そう、モンマルトルです!



モンマルトルのサクレクール寺院の麓にあるこのメリーゴーランド、

私はこれを見るたび映画「アメリ」を思い出します。



パリで一番高い丘であるモンマルトル。

モンマルトルといえば観光スポットでもありますね。

なんといっても芸術の町(丘?)ですもんね。

ピカソやゴッホ、モディリアーニ、マティス、ルノワールにロートレックなどなど、本当にたくさんの画家たちがこの地で制作活動を行いました。



モンマルトル サクレクール寺院 テルトル広場



モンマルトルといえば真っ白にそびえたつパリのランドマークの一つ、サクレクール寺院。

真っ白な外観は本当に美しく、中も厳かな空気が流れ、城島のお気に入りスポットです。

ロマネスク様式・ビザンティン様式のバジリカ大聖堂であるサクレクール寺院ですが、外観はなんかインドっぽい...といつも城島は思うのですが、、皆さんどうですか?大聖堂なのに、サクレクール「寺院」ってなっているし、、その辺は城島もよくわかりません。ご存知の方教えてください(笑)

私はここへくると、サクレクール寺院の中で少しの時間物思いにふけ、それから行動開始します。



必ず行くのは写真右のテルトル広場。

サクレクール寺院から歩いてすぐです。

19世紀に画家たちが展示会を開いていたこの広場では、現在でも画家たちが集まっています。

パリのお土産としてよさそうなパリの街を描いた作品も多く売られているので、ここでお土産を買うのもいいですね。

絵画がお土産なんて、なんだかおしゃれですしね^^

”値段交渉”も忘れずに!!

この広場で絵画制作している場面を見ることができるので、ぜひ一度いってみることをおすすめします。

似顔絵描きの人たちは、確かに上手な人もいるので気になるなら描いてもらうのもいいかもしれませんね。

ただ、商売でやっている人が多い感じがするので、城島は描いてもらいませんでした。その代り、誰かが描いてもらっているのをじーっと観察。。(笑)



お昼間だったら、このモンマルトルを散策するのもいいですよ〜!

ブドウ畑なんかもあるし、パリの街中とはちょっと違う雰囲気が「ヨーロッパに来た」感があっていいです。

アメリに出てくる



そして夜はモンマルトルの麓、「ムーランルージュ」でフレンチカンカンを鑑賞するのがおすすめです☆

ムーランルージュ



フレンチカンカンは選りすぐられたダンサーたちが出演しているだけあって息ぴったり。

思わず拍手してしまいます!

ロートレックの絵画も鑑賞できて一石二鳥^^

旅慣れている人は個人で行くのもいいですが、個人的にはオプショナルツアーで行くのがおすすめです。

というのも、夜のモンマルトル界隈は危ない地域。

犯罪に巻き込まれては元も子もないです。

ということで、終演後、無事にホテルまで送り届けてくれるオプショナルツアーがおすすめです。

旅は楽しく安全にが基本です!



私は夜のパリが苦手です。

といいながら、10代、20代の女3人で夜中近くまでエッフェル塔にいましたが...今思うと怖い。

イギリスに短期留学していた私、イギリスの夜に慣れていたので、パリの夜の見られてる感がもうこわくて仕方なかったです。

夜の地下鉄も気を付けてくださいね!

気を抜かず、おどおどしていなければ平気です^^

ちなみに私はいつも、心の中で「私は現地人」と思い込むようにしています(笑)



さて次回が芸術の秋in Parisのご紹介最後となります^^

次はどこかな? お楽しみに!
プライベート日記 | permalink | comments(0) | - |

芸艸堂の商品が買えます!