Winds!芸艸堂 店長ブログ

京都の芸艸堂(うんそうどう)、熟練の手技と美の凝縮「手摺木版画の世界」をご案内
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< とにかくめでたし!味覚障害の完治 | main | おすすめ!大量ナス消費術 >>

何事も経験

味覚障害を長きに渡って体験して、いろんなことが勉強になった。

すごい発見もあった。

調味した味、つまり砂糖・みりん・醤油・塩系で調理した味はわからないのに、

出汁のうまみ、つまりにぼしだとか、昆布や鰹節の旨味(風味?)は感じる。

天然のグルタミン酸やイノシン酸といった味だろうか。

それに野菜は、料理をすると味がしないけど、生で食べるとその野菜の味(甘味)

がわかったのも不思議。

有機栽培で作った野菜の甘さや、天然素材は脳がキャッチするのだ。

化学肥料系の野菜(一般スーパーのナスやトマト)は甘さを感じず、

苦味だけが伝わる。

化学肥料や農薬を使わずに育った野菜は、野菜そのものに「力」がある。

「生命力」とでもいうのだろうか。

だから、コクもアクも強くて五感に響くのかもしれない。

人工的に合成して作られた味に、脳はだまされないのだということが、

今回の体験で証明されたように思う。



結論!!

味覚障害って、人にはわからないんだなぁ…。

告白するまで、誰も気がつかなかったのでした―!



それにしても、機械が壊れたら人間が直さないと絶対に元にもどらないけど

人間のからだの機能は自然に治るんですネ。

ココロのケアは大切だと、つくづく感じたこの半年でした。

そして、「おいしい」と言える事に感謝♪
プライベート日記 | permalink | comments(2) | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

あびさんようこそ!
そうなんです、味覚障害って、きっとならないとわからないと思います。
うまく説明できないし、想像するのも難しいし。
でも、人間でいられてよかったと今は思えます。
ちょっと前までは、真剣に‘猫になりたい’と思ってましたから・・・。

こういう経験って、なんだか自分に足りないものが何なのかを
人間を創った方が教えてくださるのだと思えます。
Winds!芸艸堂店長 | 2007/09/15 11:51 AM
岡本さん、こんばんは。あびです。
味覚障害って、聞いたことはあったのですが、
病気として、認識したことはありませんでした。
それが、精神面からおきることも知りませんでした。

味がわからないって、想像もできません。
私も数年前、大変強いストレスのせいで、食事がとれなくなり、
眠れなくなり、ということがありました。
ずっと、タフな人で通してきましたのに。
体ではなく、心も本当はとても弱いのだと、
実感しました。
味わって、おいしく頂けること、よく眠れること、
それだけでも幸せなことなのだと思いました。

天然の味には反応する、というのが興味深いです。

回復されて、ほんとうに、よかったですね。



あび | 2007/09/13 11:11 PM
コメントする










芸艸堂の商品が買えます!