Winds!芸艸堂 店長ブログ

京都の芸艸堂(うんそうどう)、熟練の手技と美の凝縮「手摺木版画の世界」をご案内
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 7月の展覧会のお知らせ | main | 久しぶりに雨。 >>

7月といえばやはり”祇園祭”

Winds!芸艸堂、今月のおすすめ木版画はこちら。

 

加藤晃秀『長刀鉾』

 

長刀鉾は「くじ取らず」として、毎年必ず先頭を行く鉾。
そして唯一生稚児が乗る鉾で、巡行中は町名が変わる度に稚児舞が披露されます。鉾頭は、疫病邪悪を祓う大長刀。

そんな巡行の象徴的な鉾ともいえる長刀鉾の鉾の部分だけ切り取った構図はなんともモダンで洗練された雰囲気のこの木版画。

 

7月1日の「吉符入り」から31日の疫神社「夏越祓」まで1カ月に渡る夏の風物詩ともいえる神事ですが、一番多くの人が集まるのはやはり14日から16日の宵山や17日の山鉾巡行でしょうか。

この期間にぜひ京都へ足を運びたいものですが、人の多さを考えると...ちょっと断念。

いつかぜひ実際に見たいなあ。大阪にいるんだからすぐ行ける距離なんですけど、なかなか、、ね。

 

そんな私にもぴったりな木版画かもしれません(笑)

- | permalink | comments(0) | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする










芸艸堂の商品が買えます!